敵を知ることが大事|大腸がんに打ち勝つには

微笑む女性

最新治療で生存率アップ

女性

検査と保険の適用

大腸は食べたものを大便にする機能を持った臓器のことです。大腸がんとは腺種というポリープががん化することで生じるものです。大腸がんは日本でも増加している状況なので検査方法がいろいろと導入されています。たとえば、大腸内視鏡検査はその典型的なものです。ただし、この内視鏡検査には健康保険が適用される場合もあれば、されない場合もあるので、注意が必要です。医師から検査を受けるように勧められたときには保険の適用がされます。もう少し具体的にいうと、便を調べてみて大腸がんの疑いがあると医師が判断した上で受ける場合です。自己判断で便秘気味になったから内視鏡検査で調べてみようという程度では保険は適用されません。この点は注意が必要です。

食の欧米化と死亡率の低下

食の欧米化で日本でも動物性たんぱく質を摂取する機会が多くなりました。しかしながら、その分だけ緑黄色野菜の摂取量が反比例するかのように、減ってきています。そうして、栄養バランスが偏ってしまって生活習慣病に留まらずに大腸がんになる人も増加してきています。大腸がんにも症状の段階があり、ステージ1から4まであります。大腸がんの場合は他のがんとは異なって生存率が高い傾向があります。ステージ3になっても生存率が5割以上あります。たとえば十二指腸がんの場合は4割を切りますので、大腸がんはそれに比べると生存率が高いと言えます。その理由としては医学の発達によって化学療法の効果が高くなっているからです。たとえば、最近では分子標的薬治療はがんの縮小効果が極めて高い治療法なども登場しています。

すぐに利用できる

カウンセリング

平野区は大阪市にある地域で、大企業の本社機能があったり、教育機関の施設などが設置されています。平野区の病院は大型化が進んでいて、レベルの高い診療が実施されています。平野区の病院ではカウンセリングが丁寧です。

もっと知ろう

鼠径部が膨らむ病気

病棟

鼠径ヘルニアだと思われる症状がある場合は、早めにお医者様に訪れれば日帰り手術をおこなってもらえる可能性が高くなります。中高年の男性に起こりやすい病気のため、仕事を休めない方が多いでしょうから、早めの受診で日帰り手術をしてもらいましょう。

もっと知ろう

事前検査のメリット

医者

卵巣がんは自覚症状が乏しいので、年に1度の検診を心掛けて下さい。毎年検診を受けていても、骨盤の痛みなど違和感が3週間近く続いた時はすぐに受診する必要があります。卵巣がんについて普段からこういった知識を備えておくことも、立派な卵巣がん対策になります。

もっと知ろう