事前検査のメリット|敵を知ることが大事|大腸がんに打ち勝つには

敵を知ることが大事|大腸がんに打ち勝つには

レディー

事前検査のメリット

医者

症状がないうちに

卵巣がん検診に予約を入れる女性が急増しています。卵巣がんに対して意識する女性が増え、人気検診の1つに仲間入りしました。卵巣がんは沈黙のがんと呼ばれるぐらい、症状があまりありません。初期に発見するためには検診を受けるしかないため、自覚症状がなくても予約を入れる方が増えています。卵巣は赤ちゃんを守るための骨盤の中にあります。稼働率も高く、少しぐらい動いたぐらいでは、周りの臓器を圧迫することがありません。子宮とがっちり固定されているわけでもありませんから、明らかな症状が出てから受診するよりも症状を感じないうちから検診を受けるのが理想的です。女性ホルモンと排卵をコントロールする非常に大事な臓器なので、積極的に事前検診を受けましょう。

検診を受ける頻度は

卵巣がんの事前検診の大切さは分かっていても、どれぐらいのペースで受ければ良いのか、頻度についてはあまり知られていません。いくら卵巣がんの事前検診が大事でも、毎月受けるのは現実的ではありません。できれば年に1回の子宮がん検診の時に、超音波検診と内診を受けて卵巣の状態をチェックして下さい。年に1度のペースを心がけましょう。ただし、毎年検診を受けていても卵巣がんに関係がありそうな違和感を覚えたら、すぐに診て貰って下さい。骨盤の痛みや腹部の痛み、不快感の他、頻尿症状があらわれることもあります。いつもと違うこういった症状が3週間近く続くようなら、放置は禁物です。こういった症状は危険と知っているだけでも、卵巣がん対策になります。